中国切手は専門の切手買取店に売るのが良い

切手の種類の中でコレクターたちの間で高い評価を受けているものとして、中国切手があります。数ある中国切手の種類の中で、高額買取をしてくれるものが1962年に発行された梅蘭芳舞台芸術小型シートで、1点あたりにつき100万円以上の買取価格が付くこともあります。そのために外国製の切手を持っていて、そのまま放置している状態であれば専門の切手買取店で査定を受けてみることが良いと言えます。中国では富裕層が増えていることで、経済成長によって豊かになったことで切手ブームが来ていると言われています。文化大革命時代には切手を収集することが禁止されていたために、国内で保有されていた多くの切手は外国に流出したと言われていて、日本に多くのものが保有されています。日本でも切手ブームが起きたときに、中国切手を収集している人が数多くいたために日本国内に様々な切手があると考えられています。海外のブローカーなどが多く来日して切手を集めているという現状があるために、切手買取店では海外製の切手が高値で取引されています。自宅で眠ったままになっている切手がある場合には、専門店で査定を受けることでどの程度の価値を持っているものか調べることができます。多くの買取店では無料で査定を行っていますので、試しに調べてもらうことで損することはありません。現在では革切手の価格の相場を落ちてきていると言われており、代わりに中国共産党50周年や、オオパンダなどの切手のブームが来ています。ただし、切手の相場はそのときの時代によって変動しますので、ニーズが高くなっているときに売却してしまうことが良い方法となります。今後中国経済が今までどおりに成長していくかどうかは不透明ですので、富裕層がお金を持っているうちに収集の対象となっている切手は売っておいたほうが良いでしょう。中国切手を取り扱っている切手買取店は様々な地域にありますので、ホームページを確認することでどのような種類の切手を買い取りの対象にしているのか確認することができます。海外製の切手を扱っている買取店は多いですので、出張査定などの依頼をすれば自宅まで鑑定士に来てもらえるので手間を省いて自分の持っている切手の価値を調べることが可能です。切手買取店に売却するときには、直接的に中国に対するマーケットを持っている業者のほうが高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。金券ショップや質屋などの場合には、切手に関する専門的な知識や売却ルートを持っていないと考えられますので良い価格で買ってもらえないことが多いです。
確認はココから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です